2014年

3月

25日

うつ伏せすると泣くんです

1か月頃の保健婦さんの訪問の時にたいてい

「うつ伏せ運動を20分くらいしてください」

言われますね。

 

「まだ1か月なのに、うつ伏せなんて怖い・・・」

そんなママも多いと思いかもしれませんね。


また多いのが

「一生懸命20分させようと頑張るけど、すぐに泣くんです。。。うちの子うつ伏せ

嫌いみたい・・・」そんなお声をよく聞きます。

これは、ちょっと最初の説明が言葉足らずかもしれませんね。

 

最初からず~っと20分間しなさい!

という意味ではなく、

 

毎日数十秒から始めて、少しずつ回数を重ね、

最後には1日20分くらいできるようにして

いきましょう。

という意味なんです。

 

1分もたたないうちに泣く=うつ伏せが嫌い

 

ではなく、まだ慣れない体勢に

「そろそろ疲れた。戻して」と言っている

だけなんですね。

 

「戻して」と言われたら、その通り戻す。

また、別の時間に再度挑戦。それでいいんですよ。


少しずつ、少しずつ、記録更新!とできれば十分OKです!

 


 

日々、レッスンで多くの赤ちゃんとママたちにお会いして来ていますが

やはり、ママが怖がって小さな月齢にはうつ伏せにしてきていないお子様と

 

どんどんうつ伏せを積極的にしてきているお子様は、お首のすわりのスピードに

1か月以上は違いが見られます。

 

また、うつ伏せが嫌いと思い込み、うつ伏せをしないで育てると

この先の大事な

ハイハイ
への移行がまた遅くなっていきますので、大事なハイハイ時期で鍛えるべき

筋肉が鍛えられないうちに、お座り・たっちへと移行してしまうということになります。

でも、数秒でも泣くわが子の姿を見ると、訓練しているようでつらい気持ちに

なるママもいらっしゃるでしょうね。

 

そんなママにお試しいただきたいちょっとコツをお伝えしますね。

うつ伏せが楽にできるので、少しずつ長くうつ伏せができるコツです。


上のお写真の赤ちゃんのように、うつ伏せの際、脇の下~胸の下に

バスタオルを丸めて、坂を作ってあげます。

 

そうすると、上半身が斜めになるので、楽にお首が上がりますよ。

 

少しずつで大丈夫!積み重ねていくと、必ず、

「あれ?いつの間にこんなにできるようになったの?」という日が来ますよ。

 

どうぞお試しください♪

 

 

当サイトの文章・画像等の無断での転載はご遠慮いただきますようお願いいたします。